公益財団法人広島県体育協会
広島県体育協会について 諸規定 研修会・講習会・イベント等 行事予定/広報・出版
国民体育大会 県民体育大会 スポーツ少年団 ジュニア育成事業
総合型地域スポーツクラブ 様式・要項・申請書ダウンロード スポーツ医・科学 リンク集
     ホーム>>研修会・講習会・イベント等>>フラワーフェスティバル ひろしまストリート陸上2015
 
ひろしまストリート陸上2015
〜広島では5回目の開催〜
ひろしまストリート陸上2015
 今年もフラワーフェスティバル中日の5月4日,「ひろしまストリート陸上」を開催しました。前日から当日の準備開始直前まで雨模様,「午後からは晴れ間も出るだろう。」との予報を頼りに10時45分の交通規制と同時に設営班が始動開始。何とか道路を乾かしながら特設レーンを設置し,予定通り13時に開始することができました。

 ストリート陸上は,為末大さん(世界選手権陸上男子400m障害銅メダリスト)が,走ることの楽しさを感じてほしいとの思いから始めて,広島では5回目の開催となります。

 フラワーフェスティバルの中でも,人気を集め,注目を浴びている「ひろしまストリート陸上」です。特設レーン横の子ども専用席には,早くからたくさんの子どもたちが集まってくれました。FF実行委員会からは11,000人の観衆と発表され,昨年の10,000人を上回りました。

 今 年も特設レーンの設置や観客の誘導係として,中電工の社員の皆さまがボランティアスタッフとして活躍してくれました。
いよいよ開幕です!

ひろしまストリート陸上2015
 ステージ上に為末さんを先頭にトップアスリートたちの登場です。
 今回のアスリートの方々を紹介しましょう。
 世界陸上400m障害銅メダリストの為末大さん,4回目の出場となるアテネオリンピック400mに出場した伊藤友広さん,2回目の出場となる全日本インカレ三冠200mを得意とする猶木雅文さん,今回初出場のアジアジュニア選手権3位400m障害の坂梨雄亮さん,そして,仁川アジアパラリンピックで100m,200m,4×100mリレーで優勝した義足ランナーの佐藤圭太さん,広島工大高校出身のハイジャンパー冨山拓矢さん。棒高跳びは前広島県記録保持者の萩原翔さんと広島工大高校出身の下瀬翔貴さん,さらに女子全日本学生3位の記録を持つ綾里奈さんが初めて参加してくれました。

 さあ,デモンストレーションのトップは,今年も棒高跳びからです。
 女子ジャンパーの綾里奈さんからスタートします。今回は棒高跳びのすぐ後ろにステージを組みましたので,女性のジャンプにアスリートからも歓声があがります。

 下瀬翔貴選手,萩原翔選手がともに信号機を超える高さをクリアし,自らの記録に挑戦しました。躍動感あふれる跳躍に,観客からの「ウォー」と驚きとも感動とも聞こえる歓喜の声に,萩原選手は自己記録(5m21)を1p伸ばし「こんなに近くで声援してもらえることが嬉しい。お客さんの声援に押されて記録が出る。」と喜んでいました。
ひろしまストリート陸上2015

ひろしまストリート陸上2015
 続いて,アスリートによるトークショーでは,佐藤圭太さんの生活用の義足と競技用の義足の違いなどが紹介されました。

 さて,トークの後は,3月の“かけっこキャラバン”で好タイムを出した小学6年生男女選手による50m競走です。男子6人、女子6人による予選レースを行い,決勝ではトップアスリートに挑戦します。大観衆を前に少し緊張気味な選手たちでしたが,走りは絶品でトップアスリートも驚きの快走でした。
ひろしまストリート陸上2015 ひろしまストリート陸上2015
ひろしまストリート陸上2015 ひろしまストリート陸上2015

 続いては,冨山拓矢選手の走り高跳びです。日頃身近に見ることができないであろう背面跳びを披露してくれました。目の前で2mをはるかに超えるバーを背面で跳ぶ姿に圧倒されます。
ひろしまストリート陸上2015 ひろしまストリート陸上2015

 そして,ハードルのデモンストレーションでは,坂梨雄亮選手が華麗なハードリングを披露。いつものようにハードルの上の囲いの中をすり抜ける試技を見せると,「広島の皆さんからの要望が多いので」と前置きしながら我らの為末さんが1台だけハードルを飛んでくれました。

 しかし,少し納得のいかない様子でもう1回飛んでくれました。2回目は現役時代を思い起こされるような華麗なハードリングでしたよ。さすが我らの為末さんですね。サービス精神も旺盛です。  
ひろしまストリート陸上2015 ひろしまストリート陸上2015

 次は,パラリンピアンの佐藤圭太さんが競技用の義足での走りを披露してくれました。ピョンピョンと跳ねるような走りですがスピードがあります。100m11秒台だそうです。東京パラリンピックも頑張ってもらいたいですね。広島からも応援しましょう。
ひろしまストリート陸上2015 ひろしまストリート陸上2015

 いよいよ小学生&アスリートのハンディマッチです。予選で勝ち残った男子2名・女子2名がトップアスリートに挑戦します。

 男子2名はインカレ優勝の猶木選手に7.5mのハンディを貰っての競走,女子2名はパラリンピアンの佐藤さんとの競走です。ところが,7.5m後方からスタートした猶木選手は一気に加速して小学生を置き去りにしてゴール。「大人げない!」とは本名アナからの一言。義足の佐藤さんもさすが金メダリストです。小学生も一生懸命に頑張りましたが,「後ろからの風を感じた。」「すごく速かった。」とコメントがありました。
ひろしまストリート陸上2015
ひろしまストリート陸上2015

 終了後は,自由に参加できる棒高跳びと50m走の体験会を行いました。
 いずれもアスリートが実際に指導してくれました。まだ就学前の小さな子がお父さんと一緒に,為末さんにスタートを習い,一生懸命に走る姿にアスリートからも笑顔があふれました。棒高跳びコーナーでは,自分よりも高いバーを飛び越える体験ができました。この中から明日のアスリートが育ってくれると嬉しいですね。

 たくさんの関係者の方々のご協力で,今年も無事に「ひろしまストリート陸上」を盛況のうちに終えることができました。観に来てくださった皆様,ありがとうございました。
 
 そして,遠路駆けつけてくださったアスリートの皆さまにも感謝の気持ちでいっぱいです。
 来年もフラワーフェスティバルは開催されます。また,この場で多くの皆さまにスポーツの素晴らしさをお伝えすることができたら嬉しいです。
ひろしまストリート陸上2015


 
このページのトップへ
 

 
HOME │ 広島県体協について諸規定研修会・講習会・イベント等 │ 行事予定/広報・出版国民体育大会県民体育大会
  スポーツ少年団ジュニア育成事業総合型地域スポーツクラブ │ 様式・要項・申請書ダウンロードスポーツ医・科学リンク集
 
公益財団法人広島県体育協会 〒733-0011広島県広島市中区基町4-1 広島県立総合体育館内
HOME サイトマップ 公益財団法人広島県体育協会 公益財団法人広島県体育協会