公益財団法人広島県体育協会
広島県体育協会について 諸規定 研修会・講習会・イベント等 行事予定/広報・出版
国民体育大会 県民体育大会 スポーツ少年団 ジュニア育成事業
総合型地域スポーツクラブ 様式・要項・申請書ダウンロード スポーツ医・科学 リンク集
     ホーム>>研修会・講習会・イベント等>>フラワーフェスティバル ひろしまストリート陸上プラス
 
ひろしまストリート陸上プラス
 今年もフラワーフェスティバル中日の5月4日、「ひろしまストリート陸上プラス」を開催しました。
 本年で8回目となる「ひろしまストリート陸上」は、2020年東京オリンピック・パラリンピックの盛り上げを図り、「広島からも多くのアスリートを輩出したい」との願いを込めて、前回から名称を「ひろしまストリート陸上プラス」と改め、今回はスポーツクライミングを“プラス”しての開催となりました。

 フラワーフェスティバルの中でも注目を集めている「ストリート陸上プラス」には、14時の開始にもかかわらず、特設レーンを設置している間にも人が並びはじめ、13,000人もの観衆が集まってくれました。

 今年もレーンの設置や誘導係として、中電工の社員の皆さまがボランティアスタッフとして活躍してくださいました。ありがとうございました。

ひろしまストリート陸上プラス ひろしまストリート陸上プラス


 ゲストアスリートの紹介です。まずは陸上競技。
 広島皆実高校出身で世界陸上400mハードル銅メダリストの為末大さん、アテネ・北京・ロンドンオリンピック出場で北京オリンピック4×100mリレー銀メダリストの高平慎士さん、リオデジャネイロパラリンピック4×100mリレー銅メダリストの佐藤圭太さん。
ひろしまストリート陸上プラス
ひろしまストリート陸上プラス
 そして棒高跳びは、萩原 翔さん、下瀬翔貴さん、蔵田雅典さんの3人です。

ひろしまストリート陸上プラス 
 続いてスポーツクライミング競技から、広島市出身でIFSCクライミング・ワールドカップ ブリアンソン2015 リード銀メダリストの中野稔さん、IFSC世界ユース選手権ヌメア2014 リード8位、県立広島大学2年、錦織美里さん。

ひろしまストリート陸上プラス
 いよいよ「ひろしまストリート陸上プラス」のプログラムが始まります。まずは毎年恒例の棒高跳びのデモンストレーションです。

 今年も萩原さん、下瀬さん、蔵田さんが参加してくれました。萩原さんは1回目から皆勤賞です。3人とも「大観衆の大きな拍手に包まれて跳べることが嬉しい」と毎年ストリート陸上を盛り上げてくれています。

 今回は時折強い風が吹き抜けるというコンディションの悪い中、果敢に自己ベストにチャレンジしてくれました。

 青空に舞い上がるような華麗なジャンプのたびに「オーーー!!」という歓声の後、成功ジャンプでも残念ながらクリアできなくても大きな拍手がおこりました。例年、成功ジャンプばかり見ていた観衆も、棒高跳びのすごさ・難しさをあらためて実感していました。

ひろしまストリート陸上プラス



 続いて、3月11日に開催した「かけっこキャラバン」で好タイムを出した6年生たちが予選を行い、勝ち上がった男女各2人がアスリートに挑戦しました。
ひろしまストリート陸上プラス ひろしまストリート陸上プラス
ひろしまストリート陸上プラス ひろしまストリート陸上プラス

 挑戦されるアスリートは、昨年に続いて参加の佐藤さんと高平さん。高平さんは「引退はしても勝負にはこだわる!」と本気モード。2人とも少し後方からスタート後、サービス精神のかけらもない大人げない猛スピードで追い上げ、追い越しての勝利。小学生ランナーたちは、「後ろからドスドス音がして、緊張した。」「もうちょっとで勝てるかと思ったけど、音が追い越していった。」と嬉しそうに話していました。

ひろしまストリート陸上プラス
ひろしまストリート陸上プラス


 そして、「ここで、決着をつけたい!」との申し出があり、ストリート陸上では初めて、為末さん、高平さん、佐藤さん、3人のアスリートが対決。3人ともハンデなしの本気(?)の疾走、でもなぜかゴールは笑顔で駆け抜け、高平さんの勝利!アスリートの無邪気な姿に観衆からも笑顔があふれました。

ひろしまストリート陸上プラス
ひろしまストリート陸上プラス ひろしまストリート陸上プラス

ひろしまストリート陸上プラス
 続いて、タワー型クライミングウォールへ移動してのスポーツクライミング。観客の皆さんも少しでも近くへと移動し、棒高跳びの高さを超えるクライミングウォールを見上げる中、中野さんと錦織さんのデモンストレーションです。

 6mの壁をあっという間にスイスイと登って、中野さんはジャンプして頂上のホールドをつかむという派手なパフォーマンスも!

 錦織さんはウォールのコーナーの赤いホールドを選択しての技を披露。2人に魅了され、頂上で手を上げる姿を眩しく見上げながら大きな歓声があがりました。2人とも東京オリンピック目指して、まずは今年開催される世界大会に向け練習しているとのこと。ますます注目されているスポーツクライミングでも広島からオリンピックへ!!応援していきましょう。

ひろしまストリート陸上プラス 為末さんもクライミングウォールにチャレンジ。
 中野さんから「さすがに上手です。」と褒められていました。

 その後、ボルダリングボードでの体験会には長い列ができ、残念ながら終了となるアナウンスが流れるまで、列が途切れることなくクライミングを楽しんでいました。
 
ひろしまストリート陸上プラス
ひろしまストリート陸上プラス
ひろしまストリート陸上プラス


 また、毎年恒例の棒高跳び、陸上のスタートの体験会も行い、どちらもアスリートが実際に指導してくれました。世界を知るアスリートからスタートを教えてもらえる貴重な時間を子どもたちも楽しんでいました。なかなか体験できない棒高跳びにはちびっ子から大人の方まで列を作り、何度もチャレンジしていました。

ひろしまストリート陸上プラス ひろしまストリート陸上プラス
ひろしまストリート陸上プラス ひろしまストリート陸上プラス
ひろしまストリート陸上プラス ひろしまストリート陸上プラス



 為末さんを中心に進めた「ストリート陸上プラス」ですが、今年もたくさんの関係者の方々のご協力で盛況のうちに無事終えることができました。観て参加してくださった皆さん、ありがとうございました。いつも盛り上げてくださるアスリートの皆さま、ありがとうございました。

 来年の「ひろしまストリート陸上プラス」でも、多くの皆さまにスポーツの素晴らしさをお伝えできればと思います。




 
このページのトップへ
 

 
HOME │ 広島県体協について諸規程研修会・講習会・イベント等 │ 行事予定/広報・出版国民体育大会県民体育大会
  スポーツ少年団ジュニア育成事業総合型地域スポーツクラブ │ 様式・要項・申請書ダウンロードスポーツ医・科学リンク集
 
公益財団法人広島県体育協会 〒733-0011広島県広島市中区基町4-1 広島県立総合体育館内
HOME サイトマップ 公益財団法人広島県体育協会 公益財団法人広島県体育協会