公益財団法人広島県体育協会
広島県体育協会について 諸規定 研修会・講習会・イベント等 行事予定/広報・出版
国民体育大会 県民体育大会 スポーツ少年団 ジュニア育成事業
総合型地域スポーツクラブ 様式・要項・申請書ダウンロード スポーツ医・科学 リンク集
     ホーム>>研修会・講習会・イベント等>>フラワーフェスティバル ひろしまストリート陸上プラス
 
ひろしまストリート陸上プラス
 今年もフラワーフェスティバル中日の5月4日、「ひろしまストリート陸上プラス」を開催しました。本年で9回目となる「ひろしまストリート陸上」は、東京オリンピックを盛り上げるべく、タイトルに『Road to 2020』(ロードトゥー2020)をつけ、東京オリンピックで正式種目に採用される3人制バスケットボールの3×3(スリーバイスリー)を“プラス”しての開催となりました。

 フラワーフェスティバルの中でも注目を集めている「ストリート陸上プラス」には、毎年特設レーンを設置している間にも、レーンの左右に人が並びはじめますが、今年はバスケットボールのゴールが設置されている周りにも二重三重の輪ができていました。

 今年もレーンの設置や誘導係として、中電工の社員の皆さまがボランティアスタッフとして活躍してくださいました。ありがとうございました。
ひろしまストリート陸上プラス



ひろしまストリート陸上プラス

 暑い日差しが照りつける中、14時に「ストリート陸上プラス」が始まりました。

 陸上競技のゲストアスリートは、お馴染みの広島皆実高校出身で世界陸上400mハードル銅メダリストの為末大さん、棒高跳びの萩原翔さん、下瀬翔貴さん、蔵田雅典さんの3人。そして今年はなんと!!『Road to 2020』のため、ソウル・バルセロナオリンピック走幅跳の銀メダリストで世界記録保持者 マイク・パウエルさんと、三段跳の元世界記録保持者 ウィリー・バンクスさんという超ビッグゲストをお迎えしました。

 為末さんが現役時代、サンディエゴでトレーニングしていた時の縁で、Facebookでの依頼を快く引き受けてくれたとのことです。実は、跳躍競技でスタート前に手拍子を観客に求めることを初めてやったのは、このウィリー・バンクスさんとのことです。まさに、元祖です!!

ひろしまストリート陸上プラス 「ひろしまストリート陸上プラス」は国際色豊かなビッグイベントになりました。為末さんのネットワークにも今更ながら驚きです。

 また今年の“プラス”競技バスケットボールのゲストアスリートは、5人制バスケットボールチーム、Bリーグ広島ドラゴンフライズの朝山正悟選手、ジャマリ・トレイラー選手、岡本飛龍選手、坂井レオ選手、そして国内の3×3リーグ『3×3.EXE PREMIER』に今季から参戦する、スリストム広島の仲摩匠平選手、河相智志選手、田中洋貴選手の7人が参加してくれました。



ひろしまストリート陸上プラス 今年も「ひろしまストリート陸上プラス」の象徴ともいえる棒高跳びのデモンストレーションからプログラムスタートです。

 萩原さん、下瀬さん、蔵田さん3人とも、ここでの跳躍に強い気持ちを持って挑んでくれています。

 前回足を痛めて思うような跳躍ができなかった下瀬さんはリベンジをかけて、蔵田さんはこのイベントを楽しみにして来てくれたお母さんのため、昨年パパになった萩原さんは応援してくれる家族のため、そして集まってくれた15,000人の大観衆に陸上のすごさ・面白さを感じてもらうため、雲ひとつない青空に向かって華麗な跳躍を見せてくれました。

 向かい風の影響で蔵田さんは残念ながら少し失敗跳躍になってしまい、「家に帰ったら母親から説教です。」と照れ笑いを浮かべていましたが、3人とも大きな歓声と拍手に包まれました。やはり棒高跳びがないとストリート陸上は始まりません。
ひろしまストリート陸上プラス



ひろしまストリート陸上プラス
 続いて、3×3(スリーバイスリー)コートでのバスケットボールです。今回“プラス”競技にバスケットボールが決まったのも、為末さんが広島ドラゴンフライズの朝山選手に依頼したことから始まりました。

 まずは坂井選手、ジャマリ選手、岡本選手によるダンクシュートのデモンストレーション。ジャマリ選手のように両手でダンクシュートができるのは、Bリーグでも少ないそうです。そして選手と観客の中から選ばれた子どもとの1対1や選手同士の3×3対決、さらにマイク・パウエルさんとウィリー・バンクスさんと為末さんに朝山選手を加えたドリームチームも参戦するなど大いに盛り上がりました。

 5人制とはまた違うスピード感とオープンな雰囲気の中で、やっている選手からも観客からも大きな歓声が上がり、バスケットボールはやるのも楽しい、観るのも楽しいスポーツだと改めて感じられました。

 これを機に、5人制の広島ドラゴンフライズ、3人制のスリストム広島の両チームをぜひ応援していただき、広島のバスケットボール界をますます盛り上げていきましょう。
 
ひろしまストリート陸上プラス ひろしまストリート陸上プラス
ひろしまストリート陸上プラス ひろしまストリート陸上プラス
ひろしまストリート陸上プラス ひろしまストリート陸上プラス



 バスケットボールにも参加してくれたマイク・パウエルさんとウィリー・バンクスさんですが、次に陸上競技教室をしていただきました。

 まずはマイク・パウエルさんによるスタート講習です。「まず足をリラックスして、強く蹴れるように足の裏をスターティングブロックにしっかりと付けて、腕を交互に振り上げるように」と教えてもらい、実際に子どもたちがスタートしてみました。それを見てマイク・パウエルさんは「とても良い!だけど、何度も何度も練習することが大切だ」とアドバイスをくれました。

 ウィリー・バンクスさんからは遠くにジャンプするためには「足で地面をしっかり蹴ること」だと教えてもらい、実際に「始めは軽く、そして段々と強く蹴って歩幅を広げていく」というトレーニングを子どもたちはウィリー・バンクスさんと並んで体験しました。

 偉大な選手から直接教えてもらい、そして並んでジャンプすることは、子どもたちにとって、とても貴重な経験となりました。
ひろしまストリート陸上プラス ひろしまストリート陸上プラス



ひろしまストリート陸上プラス  
 続いて、先日開催された「織田記念陸上競技大会」で好成績を収めた小学生アスリートが予選を行い、勝ち上がった男女各2人がアスリートに挑戦しました。

 マイク・パウエルさんに女子2人が挑戦し、僅差でしたがマイク・パウエルさんの勝利!男子2人には、バスケットボールを頑張りすぎたウィリー・バンクスさんに代わって為末大さんがハンデなしで勝負です。やはり大人げなく為末大さんの勝利!!小学生ランナーたちは、「一緒に走れて嬉しかった」「自分もいいスタートが切れたのに為末さんは速かった」と楽しそうに話していました。

 
ひろしまストリート陸上プラス ひろしまストリート陸上プラス
ひろしまストリート陸上プラス ひろしまストリート陸上プラス
ひろしまストリート陸上プラス ひろしまストリート陸上プラス
ひろしまストリート陸上プラス ひろしまストリート陸上プラス

ひろしまストリート陸上プラス
ひろしまストリート陸上プラス
ひろしまストリート陸上プラス
 最後に、マイク・パウエルさん、ウィリー・バンクスさん、為末大さんの3人による夢のようなアスリート対決が実現。3人でウイニングランのように並んでゴール。息を切らして走ってくれた3人に盛大な拍手が送られました。



 プログラム終了後には、毎年恒例の棒高跳び、陸上のスタートの体験会に加えて、バスケットボールのシュート体験会も行い、アスリートが実際に指導してくれました。
ひろしまストリート陸上プラス ひろしまストリート陸上プラス
ひろしまストリート陸上プラス ひろしまストリート陸上プラス
ひろしまストリート陸上プラス ひろしまストリート陸上プラス



ひろしまストリート陸上プラス 今年も大変盛り上がった「ストリート陸上プラス」となりました。観客の方から、「今年はバスケットボールなの?」「何時から小学生と走るの?」と聞かれることも多く、フラワーフェスティバルでの「ストリート陸上プラス」が定着し、楽しみにしてくださっている方がたくさんいることを実感しました。

 これも、いつも盛り上げてくださるアスリートの皆さまと、観て参加してくださる皆さん、そしてたくさんの関係者の方々のご協力のおかげです。本当にありがとうございました。

 来年はいよいよオリンピックイヤーです。この「ひろしまストリート陸上プラス」でも、多くの皆さまにスポーツの素晴らしさをお伝えできればと思います。


 
このページのトップへ
 

 
HOME │ 広島県体協について諸規程研修会・講習会・イベント等 │ 行事予定/広報・出版国民体育大会県民体育大会
  スポーツ少年団ジュニア育成事業総合型地域スポーツクラブ │ 様式・要項・申請書ダウンロードスポーツ医・科学リンク集
 
公益財団法人広島県体育協会 〒733-0011広島県広島市中区基町4-1 広島県立総合体育館内
HOME サイトマップ 公益財団法人広島県体育協会 公益財団法人広島県体育協会