公益財団法人広島県体育協会
広島県体育協会について 諸規定 研修会・講習会・イベント等 行事予定/広報・出版
国民体育大会 県民体育大会 スポーツ少年団 ジュニア育成事業
総合型地域スポーツクラブ 様式・要項・申請書ダウンロード スポーツ医・科学 リンク集
 ジュニア育成事業     ホーム>>ジュニア育成事業>>ジュニアスポーツクリニック
ジュニア育成事業
スーパージュニア
         選手育成プログラム
ジュニアスポーツクリニック
トップアスリート育成事業
ジュニア選手
 育成指導マニュアル ダウンロード
 

広島ジュニアスポーツクリニック2010
 
 趣 旨
 各競技団体が指定する中学生・高校生のジュニア強化選手を対象に、最新のスポーツ医・科学に関する研修をとおして、山口国体に向けたジュニア選手の育成と競技力の向上を図る。
 
 要 項 PDF[PDF](113KB)
 
 日 時  平成22年11月14日(日)9時30分〜16時30分
 
 会 場  広島県立総合体育館小アリーナ及び中・小会議室
 
 
「広島ジュニアスポーツクリニック2010」が開催されました
 
広島ジュニアスポーツクリニック2010 
 千葉での国体が前月に終了したばかりですが、本県のジュニア選手の育成と競技力の向上にかかわる取り組みは、早くも来年の山口国体に向けて動き始めています。

 各競技団体から推薦された中・高校生のジュニア選手を対象に「広島ジュニアスポーツクリニック2010」が11月14日(日)、広島県立総合体育館を会場に10競技89名の選手が参加して開催されました。

 当日の内容は、次のとおりです。


「メンタルトレーニングの理論と実際」
 
 試合で最高のパフォーマンスを発揮するためには、体力・技術とともにメンタル面での強化が必要です。
 大切なことだとはわかっていても具体的にどうすればいいのかは意外と理解できていない選手が多いのではないでしょうか。広島文教女子大学准教授でメンタルトレーニング指導士の田村 進先生から実際の方法と合わせて基礎的な内容についてわかりやすく指導していただきました。
「メンタルトレーニングの理論と実際」 「メンタルトレーニングの理論と実際」

「アスリートの日頃の食事について」
「アスリートの日頃の食事について」
 選手にとって大切な体づくりは、毎日の食生活が大きく影響することは言うまでもありません。

 1日1日の食習慣の積み重ねが大切です。アスリートとして、食生活の大切さを自覚し、自ら実践するための知識を身につけることが必要です。

 広島文教女子大学助教の中藪宏美先生による指導が行われました。

スポーツ医・科学相談 

 本会スポーツ医・科学委員会のスポーツドクターによる内科・整形外科相談が行われました。
 参加した選手は、日頃気になっている健康上の問題について専門のドクターに積極的に相談をしていました。
内科・整形外科相談 内科・整形外科相談

 また、トレーナーによるテーピングとチューブトレーニングの実習では、日常的に実践できる内容であっただけに興味を持って参加していました。
テーピング チューブトレーニング

 さらに、本年度は新たに内容として加えたビジュアルトレーニングの体験を行いました。アスリートにとって動体視力の大切さを体験を通じて理解できたものと思います。
ビジュアルトレーニング ビジュアルトレーニング

 山口国体で本県選手団が躍進するためには、ジュニア選手のこれまで以上の活躍が不可欠と言えます。

 今回のクリニックに参加した選手の中から一人でも多くの選手が本国体に参加し成果を出してくれることを心から期待しています。
 


このページのトップへ
ジュニア育成事業スーパージュニア選手育成プログラム
ジュニアスポーツクリニックトップアスリート育成事業ジュニア選手育成指導マニュアル ダウンロード

 
HOME │ 広島県体協について諸規定研修会・講習会・イベント等 │ 行事予定/広報・出版国民体育大会県民体育大会
  スポーツ少年団ジュニア育成事業総合型地域スポーツクラブ │ 様式・要項・申請書ダウンロードスポーツ医・科学リンク集
 
公益財団法人広島県体育協会 〒733-0011広島県広島市中区基町4-1 広島県立総合体育館内
HOME サイトマップ 公益財団法人広島県体育協会 公益財団法人広島県体育協会